ホーム » 学校教育課 の投稿

作者アーカイブ: 学校教育課

お問い合わせ

兵庫県
たつの市立揖西東小学校

(いっさいひがししょうがっこう)

〒679-4004
兵庫県
たつの市揖西町清水新9

TEL:0791-66-0020

【PTA:資源回収】

【PTA:資源回収】11月22日

早朝より、資源回収事業にご協力いただきありがとうございました。天候にも恵まれ無事回収事業を終了することができました。

【6年生:修学旅行】

【6年生:修学旅行】…10月2日(金)

美しい中秋の名月を観ながら登校した子もいたようです。今日は修学旅行。出発式を終えていざ出発。バスの中の話題は名月。きれかったぁという話も聞こえています。

淡河サービスエリアにてトイレ休憩をして、これより奈良へノンストップで向かいます。消毒も慣れたものです。

大阪空港、飛行機、万博記念公園。あべのハルカスなど車窓から見えるほど快晴のなか、大阪をあとにして奈良県に入りました。

そして、予定通り法隆寺到着です。ほんとに雲一つない青空に、国宝の屋根が映えて美しい五重塔などを見上げる子供たちです。入り口では鯛石を踏みしめて門をくぐります。

記念撮影をしながら建物の一つ一つの工夫に願いが込められていることを感じ取っていました。

貸切状態で他の学校にも会わなかった法隆寺ですが、出発の頃には駐車場も混雑してきたようです。これより奈良公園へ向かいます。

奈良公園

若草山前の春日野にて昼食、買い物です。歩いておなかがすいたーとさけぶ子供たちでした。

店の人の売り方が上手くて思わず買うてもたともらす子もいます。買い物がすみ、店の表に出てみると、神様の御使いの鹿が近寄ってきました。かわいーという声にドキドキしながらの時間がすぎました。

いよいよ大仏殿です。うわぁでかぃどいう声があちこちから聞こえます。当時の大きさをさらに想像しながら見学していました。

次は明日香村でサイクリングです。

明日香の郷の空気を感じながら、サイクリング。道に迷いながら、カルガモ一家。先頭迷えば皆迷うというところもありましたがそれもよき思い出になったようです。

さて帰路につきます。

淡河サービスエリア出発です。18時00分

 

 

【自然学校2日目】

【自然学校2日目】…9月25日(金)

またもや雨ですが、しっかりとした目標を持って出発です。

梯野外活動センターに到着しました。小雨のため音水湖カヌー体験は変更して、梯にて活動を始めていきます。

最初のプログラムは、竹を使った箸作りです。なたや小刀を使って削り、やすりで磨いて出来上がり。のはずでしたが、初めて使う道具に慣れるまで少々時間を要したようです。最後は手触りを確かめながら完成です。

活動のあとは、おにぎりタイム!

少し遊んで、さあ昼食づくりです。

各班ごとに食材などを受け取っていよいよ野外炊事の始まりです。

野菜を切る係、かまど係、飯盒係などグループで役割分担をして作業を開始しましたが…。

火加減に気をつけながら、出来上がりを待ちます。

雨もやんで、そろそろカレーの出来上がりです。子供たちは作業に没頭しているせいか、雨がやんだのもわからないようです。

【ゆめはくキャラバンがやってきた】

【3年生:ゆめはくキャラバン】…9月24日(木)
朝から大きなオニヤンマを捕まえたと言って登校してきた日に、「人と自然の博物館」から移動博物館車がやってきました。大きなカマキリが3年生の子供たちを迎えてくれます。見たことのある昆虫もいれば、不思議な昆虫も目の前に…。3年生の驚きが伝わってきます。博物館のおじさんにいっぱい話を聞いて、昆虫にも触らせてもらった一日でした。

【自然学校1日目:ハチ高原】

【自然学校1日目:ハチ高原】…9月18日(金)
0泊3日の自然学校が始まります。

る 

保護者の皆様、朝早くからこどもたちを送ってくださりありがとうございました。ただいま朝来にてトイレ休憩です。
<ハチ高原>

ハチ高原の山水館に到着し、入所式をしました。天候は雨です。このあとアスファルトの道を通っての登山に変更です。

<鉢伏山登山>

みんなカッパに着替えて出発です。高原の風はひんやりとして、肌寒く感じます。

みんなで歩くと長い坂道も楽に登れたように感じます。友達の力、友達の存在をあらためて感じる瞬間であってほしいものです。1050mこれが今年の登山の頂上となりました。全員元気てす。

登山道入り口で写真撮影待ちのこどもたち

[昼食]

黙々と食べてるこどもたち 完食です。

ペースがつかめず緊張していたこどもたちも食べ終わった頃にはいつもの雰囲気に戻っていました。さあこれから自然の森の中へと進んでいきます。

[あまごつかみに挑戦]

昨年魚をつかんだという経験があるはずなのに、「むりー」とか「あかん」という悲鳴が高原にこだまします。ギヤー。なんとか魚をつかまえ終えた子もいれば、あっという間につかまえた子もいました。縁日の金魚すくいのような光景が広がっていました。

<ツリーイング(ツリークライミング)>

弱い雨がしとしとと落ちるハチ高原の森ですが、食後の運動はツリークライミングです。まずは説明をしっかり聞いて、大切なことは復唱して、のぼり方を確かめます。いよいよロープを使って挑戦。何度か繰り返しているうちに熱中していきます。気持ちいい!という大きな声が聞こえるツリークライミングです。高く上がった子は10m以上上っていました。

樹齢150年以上経っているであろう楓の木にお世話になりました。感謝の気持ちをきちんと伝えたツリークライミングでした。

3時のおやつは、アマゴの塩焼き。どこまで食べられるんだろうと尋ねながら、骨まで食べている子が多かったようです。

天気は小雨。

最後のプログラムは全員写真で終了です。

お世話になった山水館の皆さんにお礼の気持ちを伝えた退所式をもってハチ高原をあとにしました。帰路につきます。

ハチ高原に東の子供たちの声がこだました一日目でした。

 

<    >

【6年生:気体の溶けた水溶液】

【6年生:気体の溶けた水溶液】…9月15日(火)
世の中には、たくさんの水溶液があります。塩が溶けた食塩水、ミョウバンやホウ酸の水溶液もあります。でも今回は気体が溶けたものを扱いました。「炭酸水には何が溶けていますか?」の問いに「二酸化炭素!」と即答する子供たち。成分表に書いてあったことを根拠に話す児童もいます。「では、確かに二酸化炭素だと言い切るには?」そこで子供たちの思考が始まります。これまで学習したことを使って解決できないだろうかと…。二酸化炭素の性質から考えをすすめ、実験方法を確認し、みんなで協力しながら学習をすすめていました。

結果の考察を伝える児童

【3年生:スーパーマーケット見学】

【3年生:スーパーマーケット見学】…9月14日(月)
3年生の学習は、校区から町全体へと広がっていきます。今回は、町の人たちがたくさん利用するスーパーマーケットについて、その秘密をさぐろうと見学に行きました。その秘密をさぐりながら子供たちは、買ってもらうための工夫や人を集める工夫、また、環境にやさしくするための工夫などがいっぱいつまっているなあと感じたようです。どうして入口付近には花が売っているのかにも、ちゃんと意味があったこともわかりました。実際に店に入ったり、普段見ることができないバックヤードの見学を通して学ぶことが多かったようです。マックスバリューのみなさんお忙しい中をありがとうございました。


サービスカウンターの役割をたずねる子供たち ↑

【2年生:しんぶんとなかよし】

【2年生:しんぶんとなかよし】…9月10日(木)
昨日までの暑さも少し和らいだ体育館に集まってきたのは2年生。新聞紙の束を抱えた子供たち。今日は「しんぶんとなかよし」になろうというテーマで図工の学習が始まりました。ちぎる、やぶる、まきつける、ねじる、つなげる…などいろんな活動をしながら、新聞の質感を味わっていました。巻きつけるとあたたかいなあとつぶやく子。マントにしてひらひらなびく感じを味わっている子。また、破いた新聞紙を高く飛ばして紙吹雪にしている子。活動は様々です。途中で先生がどんな工夫をしてみたかを尋ねると、たくさんの回答が…。同じ破いた活動で、破いた音を楽しむ子や破いた形を楽しむ子もいたり、ねじったものをつなげてタワーにしたりと、2年生の笑顔に出会えました。まだまだしたいけど、でも、みんなで協力して後片付けをしっかりしていました。

【美化委員会:ひまわりプロジェクト

【美化委員会:ひまわりプロジェクト】…9月4日(金)
阪神淡路大震災後、東日本大震災や熊本地震、中国・四川などの国内外の被災地で花を咲かせる復興のシンボル「はるかのひまわり」ですが、とてつもない勢力をほこる台風10号の接近で、きっと折れたり倒れたりしてしまうだろうと予想した委員会の子供たちは、ひまわりを各クラスに配ることを思いつきました。4日の朝、大きな笑顔のひまわりが子供たちを迎えてくれたことでしょう。委員会のメッセージとともに。


【1年生:あさがおさんありがとう】

【1年生:あさがおさんありがとう】9月3日(木)
赤や白、ピンクに青と、いろんな色を楽しませてくれたあさがおさん。早く咲かないかなと毎日水やりを続けた1年生。そんな子供たちは、種とりをしました。「ここにもある。」「あ、とりわすれてる。」といってあわてて小さな手のひらに集める子供たち。そして、今日は長く長く伸びたくきを取りました。支柱にまきついてなかなかうまく取れない子もいます。でも、あきらめずどんどん取っていきます。とってしまうとそのくきの長さに驚いていました。なかには、リースを作っている子もいました。

↑ リースをつくったよ