ホーム » トピックス » 6年生

6年生」カテゴリーアーカイブ

お問い合わせ

兵庫県
たつの市立揖西東小学校

(いっさいひがししょうがっこう)

〒679-4004
兵庫県
たつの市揖西町清水新9

TEL:0791-66-0020

【6年生:防災を考える】

【6年生:防災を考える】…7月7日(火)
熊本豪雨に続き、九州地方では甚大な被害が出ている日本列島です。
こうした自然災害にどのように対処していけばいいのかについて、実際に被災地での活動をしておられる震災・学校支援チームの方のお話を聞きました。この震災・学校支援チーム(EARTH)は、防災・減災に関する専門的な知識や実践的な対応力を備えた方です。大災害発生時には、避難所となった学校への支援(避難所開設・運営、学校の早期再開、心のケア等)を行っています。
そんな体験をもとにしたお話を真剣に聞いていました。

【少しずつ日常が…】

【子供たちの日常が…】6月3日(水)
みんな並んで登校し、たくさんの友達とともに勉強や遊びに夢中になって過ごす学校のあたりまえの日常が、少しずつ戻ってきました。今日は3年生の子供たちが、身近なところにいる生き物に目を向けている姿に出会いました。また、オリヅルランが伸びていたのを、6年生の子供たちが株分けしてグリーン広場にそっと置いてくれました。何気ない学校の日常も、手洗いをしっかりする習慣のおかげで守られていると感じます。

【テントウムシが…!】

【テントウムシ大発生!】
家庭科室の南側に桜の木があります。その新しい葉がどうもしおれているなあと思い、東小の生き物博士とともに木を調べていると、オレンジ色の虫のようなものがいるではありませんか。テントウムシのようにも見えるのですが、殻だけになっているものもありました。博士いわく。「あ、これはナミ。テントウや。」と、即座に答えてくれました。続けて「この小さなけむしのようなものが幼虫で、これはさなぎやで…。」と教えてくれました。木全体にテントウムシがうようよいるのですが、その生態にふれることができました。さすが博士やと感心しました。
後で調べてみると、ナナホシテントウムシとの違いは、幼虫の黄色の部分がつながっているのがナミテントウムシだとわかりました。アブラムシを大量に食べるということもわかりました。
 

【令和2年度 入学式】4月7日

【令和2年度 入学式】…4月7日(火)
新しい制服を身に着けた新一年生36名が校門をくぐり、148年を迎える東小学校一員となりました。
6年生のピアノ「ドキドキドン!一年生」で入場してきた36名は、背筋をピンと伸ばして座り、式の最中には大きな声で「はい」と返事をしたり、「ありがとうございます」と気持ちを伝えています。
教育委員会やPTAの代表の方、そして、お父さんやお母さんの見守る中、校歌のピアノで退場していきました。「また、明日から元気で学校に来てください」とお話ししたいところですが、残念ながら臨時休業となってしまいました。次に学校に来るときには、元気に来てください。お待ちしています。

↑歓迎の挨拶をする在校生代表

【6年生:租税教室】

【6年生:租税教室】…1月28日(火)
税金ってよく耳にするけど、いったい何だろうという疑問が浮かぶ6年生。今日は龍野税務署や納税協会の方々による租税教室に参加しました。「税金がなぜ必要なんだろう」という疑問も、お話を聞いていくうちに解決できたように思います。私たちの大切な税金は、自分自身にも使われています。「小学校に入学してから卒業するまでに、どれくらい使われていると思いますか?」という問いの答えに驚いていました。また、1000万円の札束の見本も持たせていただきました。将来ちゃんと税金を納めようという意識が高まった1時間です。
↓1億円の札束の見本が入ったケース 重さは本物と同じ

【6年生:中学校授業体験と入学説明会】

【6年生:中学校授業体験と入学説明会】…1月24日(金)

久しぶりに出会った西中学校の校区の小学校6年生。人間関係プログラムづくり以来です。その時と同じグループに分かれて、中学校の授業を体験しました。社会ではお金の秘密をルーペを使って確かめたり、英語ではとなりのトトロを英語で歌ったりしていました。数学や音楽の基本も教えてもらったり…。中学校ではどんな生活になるのだろうと一生懸命説明会の話を聞いていました。

【八瀬家公開こどもガイド実施】

【八瀬家公開こどもガイド実施】
龍野藩西組大庄屋の八瀬家住宅。指定名称を郷目付八瀬家(ごうめつけやせけ)といいます。
揖西町中垣内(なかがいち)に所在する。建物は大きく土間と居室に分かれ、豪壮な梁(はり)組みを見せる土間、9間取りの平面などが注目される。平入り茅葺(かやぶ)き寄棟(よせむね)屋根で、建築時期は、普請帳によって、少なくとも寛政4(1792)年にさかのぼることが明らかになっている。龍野藩5組のうち、市内で唯一残っている貴重な大庄屋住宅である。
この度、6年生の有志が八瀬家を案内します。事前の勉強も済ませ、ばっちりのはずですが…。
リハーサルをして本番にのぞみます。

そして,本番です。タブレットを活用しながら説明を繰り返していました。

【人間関係づくりプログラム】

【人間関係づくりプログラム】11月20日(水)
龍野西中学校区の6年生が一堂に会しての人間関係づくりプログラム。
各校が4つのグループに分かれて、一つのプログラムに挑みます。
知らない者同士が共通の目的をもって行動することで、大切なものをつかみます。

目的をみんなで確認します。

アトラクションを通して徐々に垣根がなくなっていきます。

アトラクションでさらに子供たちがまざっていきます。

誕生日をききながら順番に円になっていきます。

キャッチゲームで盛り上がる。

グループ全員でタイムアップをして、ともに喜びあいました。

大事なことは?

【6年生:調理実習】

【6年生調理実習】11月19日(火)
ジャーマンポテトづくりに挑戦の6年生。さてそのお味は?

でも、どうしてジャーマンポテトって言うのでしょうね。
どうも英語ではないらしいのですが…。

【6年生:茶の湯体験】

【6年生:茶の湯体験】11月5日
兵庫県子ども伝統文化わくわく体験教室として、茶の湯を体験しました。
歴史の勉強で鎌倉時代に始まったといわれる茶の湯。千利休は、茶室や茶道具、作法を一体とする茶の湯の世界を作り上げました。その世界を体験するのです。リラックスと言いたいのですが、どうも子供たちは緊張!
その緊張が周囲に伝わってきそうでした。