ホーム » トピックス » 6年生

6年生」カテゴリーアーカイブ

お問い合わせ

兵庫県
たつの市立揖西東小学校

(いっさいひがししょうがっこう)

〒679-4004
兵庫県
たつの市揖西町清水新9

TEL:0791-66-0020

【中学校入学説明会】

【中学校入学説明会】…2月19日(金)
この説明会も西中学校で行い、授業の体験もしていたのですが、残念ながらコロナの関係で各小学校での開催となりました。中学校の校長先生や教頭先生、生活指導担当の先生、そして、1年生の先輩が来てくださって、中学校生活について教えていただきました。また、映像を使いながら学校の様子も伝えていただきました。

【5年・6年:スマホ・ケータイ安全教室】

【5・6年生:スマホ・ケータイ安全教室】…11月13日(金)
産官学が協力して取り組んでいるスマホ・ケータイ安全教室に参加しました。警察の方や兵庫県立大学のサイバー防犯リーダーの方々と、SNSやネットトラブルについての情報から安全で便利な活用方法について考えていきました。「ついつい遊びのつもりで…」「これくらいなら…」「だれもみていないから…」など、使用する側で気を付けなければならないことが随分あることに子供たちは気付いていました。

【6年生:人間関係プログラム】

【6年生:人間関係プログラム】…11月10日(火)
人間関係プログラム(ハートプログラム)の目的は、子どもたちがより良い人間関係をつくっていく際に必要となるスキルを、ゲームを通して身に付けさせ、さらにそこで身に付けたスキルを、あらゆる場面で活用することで、子どもたちの人間関係をつくる力を高めることを目指しています。例年なら西中学校区の4校の小学6年生が一堂に会して行っていますが、今年はコロナの影響もあり、各校で実施することになりました。

声を出さないで誕生月順にならんで座る。ジェスチャーを交えながら意思が伝わる実感。また、みんなで一回の手拍子を伝えていくというゲームでは、最初22秒かかっていたのが、7回の挑戦で8秒まで縮めていました。一つの目標に向かって努力する集団は、とても素晴らしい結果を生み出すものだと実感したハートプログラムでした。

【本番近し:運動会練習】

【運動会練習】…10月19日(月)
肌寒い月曜日。先週土曜日の冷たい雨で、まだ運動場がところどころ乾ききっていないのですが、今週末の運動会開催をめざして力が入る6年生です。例年にない、6年生たちが自分たちで考えたプログラムで全校を元気にしようとしています。

【6年生:STEAM推進事業】

【6年生:STEAM推進事業】…10月9日(金)
「細胞って知ってますか。」という大学の先生のお話から始まった6年生の授業。県立大学の教授や大学生の方々に細胞の世界を探検させていただきました。人間の体は小さな細胞が約37兆個集まって作られていて、いろんな細胞がいろんな役割を果たしているとか…。でも単細胞生物は、一つの細胞でいろんなことができる。その単細胞生物を電子顕微鏡を使って見ようというのです。最初、透明のアメーバが見えにくかったのが、顕微鏡のある装置を使うとはっきり見えるようになります。そして、倍率を上げるとさらに見やすくなって…。そのアメーバに餌をやって食べているところも観察することができました。驚きの連続の1時間でした。

【6年生:後期児童会役員任命】

【後期児童会役員任命】…10月5日(月)
10月から3月の間は、後期児童会役員が学校児童会を運営していきます。
いつもの年なら、候補者が所信表明をする会を開催するのですが、今回は任命のあとそれぞれの意見を全校生に伝えてもらいました。どの子も今まで6年生が大切にしてきた挨拶でつながろうとすることを話しています。コミュニケーションの基本は挨拶から広がっていくものであり、挨拶の仕方によって相手を元気にすることを知っている彼らだからこその意見であったと思います。手本は私たちだと胸を張って全校生を迎える後期の学校児童会役員です。

【6年生:修学旅行】

【6年生:修学旅行】…10月2日(金)

美しい中秋の名月を観ながら登校した子もいたようです。今日は修学旅行。出発式を終えていざ出発。バスの中の話題は名月。きれかったぁという話も聞こえています。

淡河サービスエリアにてトイレ休憩をして、これより奈良へノンストップで向かいます。消毒も慣れたものです。

大阪空港、飛行機、万博記念公園。あべのハルカスなど車窓から見えるほど快晴のなか、大阪をあとにして奈良県に入りました。

そして、予定通り法隆寺到着です。ほんとに雲一つない青空に、国宝の屋根が映えて美しい五重塔などを見上げる子供たちです。入り口では鯛石を踏みしめて門をくぐります。

記念撮影をしながら建物の一つ一つの工夫に願いが込められていることを感じ取っていました。

貸切状態で他の学校にも会わなかった法隆寺ですが、出発の頃には駐車場も混雑してきたようです。これより奈良公園へ向かいます。

奈良公園

若草山前の春日野にて昼食、買い物です。歩いておなかがすいたーとさけぶ子供たちでした。

店の人の売り方が上手くて思わず買うてもたともらす子もいます。買い物がすみ、店の表に出てみると、神様の御使いの鹿が近寄ってきました。かわいーという声にドキドキしながらの時間がすぎました。

いよいよ大仏殿です。うわぁでかぃどいう声があちこちから聞こえます。当時の大きさをさらに想像しながら見学していました。

次は明日香村でサイクリングです。

明日香の郷の空気を感じながら、サイクリング。道に迷いながら、カルガモ一家。先頭迷えば皆迷うというところもありましたがそれもよき思い出になったようです。

さて帰路につきます。

淡河サービスエリア出発です。18時00分

 

 

【6年生:気体の溶けた水溶液】

【6年生:気体の溶けた水溶液】…9月15日(火)
世の中には、たくさんの水溶液があります。塩が溶けた食塩水、ミョウバンやホウ酸の水溶液もあります。でも今回は気体が溶けたものを扱いました。「炭酸水には何が溶けていますか?」の問いに「二酸化炭素!」と即答する子供たち。成分表に書いてあったことを根拠に話す児童もいます。「では、確かに二酸化炭素だと言い切るには?」そこで子供たちの思考が始まります。これまで学習したことを使って解決できないだろうかと…。二酸化炭素の性質から考えをすすめ、実験方法を確認し、みんなで協力しながら学習をすすめていました。

結果の考察を伝える児童

【美化委員会:ひまわりでみんなを笑顔に】

【美化委員会:ひまわりでみんなを笑顔に】…9月3日(木)
毎日毎日「新型コロナウイルス感染症の影響」でという言葉を聞かない日はありません。いろんな行事や集会も中止や延期になり、心は…。そんな心を元気にしたいとひまわりを育てた子供たちがいます。その種は、あの阪神淡路大震災で犠牲になった加藤はるかさん(当時11歳)の自宅跡地に咲いた「はるかのひまわり」です。東日本大震災や熊本地震、中国・四川などの国内外の被災地でも花を咲かせていった復興のシンボルです。その種を日本赤十字社兵庫県支部からいただいて育て、中庭や動場の花壇に、また、東通用門付近にたくさんのひまわりを咲かすことができました。笑顔で子供たちを迎え、そして、みんなを元気にしたいと願う美化委員会です。多くの人々に勇気と希望を!

 

 

【6年生:防災を考える】

【6年生:防災を考える】…7月7日(火)
熊本豪雨に続き、九州地方では甚大な被害が出ている日本列島です。
こうした自然災害にどのように対処していけばいいのかについて、実際に被災地での活動をしておられる震災・学校支援チームの方のお話を聞きました。この震災・学校支援チーム(EARTH)は、防災・減災に関する専門的な知識や実践的な対応力を備えた方です。大災害発生時には、避難所となった学校への支援(避難所開設・運営、学校の早期再開、心のケア等)を行っています。
そんな体験をもとにしたお話を真剣に聞いていました。