ホーム » トピックス » 5年生

5年生」カテゴリーアーカイブ

お問い合わせ

兵庫県
たつの市立揖西東小学校

(いっさいひがししょうがっこう)

〒679-4004
兵庫県
たつの市揖西町清水新9

TEL:0791-66-0020

【5年生:日本の米のヒミツ】

【5年生:日本の米のヒミツ】…6月25日(木)
「朝食は特別なパンです。」と答えてくれた子もいましたが、ほぼ毎日ご飯を食べている5年生。そこで今回は5年生の子に、米について考えてもらいました。
米の生産量の多い国ベスト10をみると、ほとんど東南アジアの国々の名前が入っています。それらはどんな気候の国かなと問うたところ、暑い国とかあたたかい国というイメージを持っています。ところが、日本での生産量の多い都道府県を見てみると、北海道、新潟、秋田というように北の方の名前があがります。もともとタイやその周辺が原産地である米がどうして日本の北の地方でたくさん獲れるのだろうという疑問が生まれます。
 子供たちは、「広い土地があるから…。」とか「豊富な雪解け水があるから…。」という理由の他に「寒さに強い米に品種改良をしたのでは…。」という考えを出し合っていました。
 また、自分たちの食べている米の銘柄を調べて「コシヒカリ」が多かったことも発見しました。
 そこで、そのコシヒカリの系図を提示し、系図の最初の部分に「神力」という品種に目を向けさせました。もしもこの「神力」という品種がなかったら、コシヒカリは生まれていないことは、すぐに理解していましたが、そのほかの米にもつながっていることがわかりました。
 最後に、この「神力」が発見した人が、兵庫県たつの市御津町中島の人で、丸尾 重次郎(まるお じゅうじろう)さんだと伝えておきました。
 たつので生まれた品種がもとになって、今の米があるんだということを知った子供たちは、町を誇りに思うという意見や、米づくりって奥が深いという意見を残しています。
 ただ、品種改良の苦労はまだ知りません。

丸尾 重次郎(まるお じゅうじろう)

1815年(文化12年)御津町中島に生まれ、若いころから農業に熱心でした。ある年、自分の田に、とてもきれいな粒で、穂の重い稲が生長しているのを発見しました。そのわずか3本の穂を「もみだね」にし、苦心して改良し種を増やしていきました。そして、大粒でおいしい米をたくさん作ることに成功しました。やがて、その稲は、たちまち周りの村々に広がり、おいしいと評判になり、全国各地でも作られるようになっていきました。この稲に「神力」(しんりき)と名づけたので、丸尾重次郎のことを「神力翁」(しんりきおう)と呼ぶようになりました。彼の功績をたたえて、御津町中島の小丸山麓には、立派な「顕彰碑」(けんしょうひ)が建てられています。
(たつの市デジタル副読本より)

【5年生:朝の風景から】

【5年生:朝の風景】6月17日(水)
バケツにたねもみを植えてからずいぶん経ちました。毎朝グリーン広場で、バケツの中の様子を観察している5年生に出会います。そして、そっと水を足している姿にも出会います。そういえば農家の方も、よく、田を見ていらっしゃるのは、きっとイネの様子や田の水を見ているんだろうなと感じているようです。自分の行動から農家の方の行動の意味を考えていってるのでしょう。そんな朝の風景を、今年初めて咲いたあさがおが見ていました。

【5年生:バケツイネ大作戦開始】

【5年生:バケツイネ大作戦開始】…6月5日(金)
揖西はもうすぐ田植えのシーズンを迎えます。農家の方々はその準備に忙しくされていると思います。
さて、小学校では5年生の学習で、日本の主食である米がどのようにして確保されているのかという学習をします。教室だけではなく、実際に米作りの体験もできるとより深い学びへとつながっていくのですが、限られた時間内で、しかも感染防止対策で学校から出ることもできません。そこでJAの協力を得てのバケツイネ大作戦となったわけです。良い土を作るために、3種類の土を混ぜ合わせ、それをバケツに入れて手で混ぜ合わす。「うわあ」という歓声があがるなか、どんどん混ぜ合わせていく。これが実際の田では代掻きという作業であるということが結びついていくわけです。機械でしている作業は、実は土を混ぜ合わせてよい土壌を作っていることを学んでいきます。
最期に、水につけて発芽させておいたイネ(種もみ)を植え、田植え完成です。
追伸 グリーン広場付近での作業で、赤レンガを少し汚してしまった5年生ですが、水を流し、きれいに拭いている姿がとても印象に残りました。6月の風がさわやかに感じました。

5年生のみなさんへ:新しいえいごの先生からのメッセージです】

【5年生のみなさんへ:新しい英語の先生(ALT)からのメッセージです】
Jas Middlemiss(ジャズミドルミス先生が東小学校に来られました。みなさんとともに勉強できる日を楽しみにしておられます。ではメッセージを聞いてくださいね。

【理科5年:発芽実験その後】

【理科5年:発芽実験その後】5月22日
そういえば、発芽の実験のインゲンマメはどうなっているでしょうか?
理科室をのぞいてみました。すると、丈夫に育てるためには何が必要か考えて、次のような実験がされていました。

肥料を入れたものと入れていないものでくらべてみよう
日光に当てているものと当てないものでくらべてみよう
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【理科5年:メダカの育ち】

【理科5年:メダカの育ち】5月21日
前回から今日までの変化のようすを画像でみてみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【5年理科:メダカの育ち】

【理科5年:メダカの育ち】
ずいぶん暖かくなってきました。水温も20度をうわまわる日が続いています。
学校では、メダカを飼っていますが、そのメダカに変化があったようです。

↑ まるいたまごが見えているのがわかるでしょうか
↑ おしりのあたりを見てみましょう。
↑ 同じくおしりのあたりを観察してみましょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑ メダカのたまごをちがう容器にうつしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【理科5年:じょうぶにそだてるためには?】

【理科5年:じょうぶにそだてるためには?】
これまでの観察(かんさつ)をとおして、発芽するために必要な条件が整理できたことと思います。
暗いところと明るいところでくらべた実験結果から…。
てきどな温度があるところと冷蔵庫の中でくらべた実験結果から…。
水があるのとないのとくらべた結果から…。
空気があるのとないのと(水の中につけておいたもの)をくらべた結果から…。
必要なものは、3つあることがわかったでしょうか。
発芽(はつが)とは、芽(め)を出すことです。もう一度これまでの写真をふりかえっておきましょう。
※ところで、ウのインゲンマメは発芽しましたが、アやオの写真とくらべてみると、色やくきの長さや太さにちがいがあります。じょうぶなインゲンマメを育てるためには、どんな条件が必要なのでしょうね。
考えてみましょう!

↑光あり・適度なおんどあり・水あり・空気あり
↑光あり・適度な温度あり・水なし・空気あり
↑光なし・適度な温度あり・水あり・空気あり
↑光なし・適度な温度なし(冷蔵庫)・水あり・空気あり
↑光あり・適度な温度あり・水あり・空気あり
↑光あり・適度な温度あり・水あり・空気なし

【理科5年:発芽実験その後】

【理科5年:発芽実験その後】5月8日(木)
今日のようすです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

【理科5年:実験 発芽したかな?】

【理科5年:実験 発芽したかな?】5月7日(木)
発芽するための条件を調べる実験観察も一週間たちました。
さて結果はどうなったでしょうか。みてみましょう。
今日の結果から、発芽するための条件を整理してみましょう。
そして、たねのようすを比べながら、気がついたことをまとめておきましょう。

しっかりとしたみどりの葉やくきが…。
根や葉、くきの区別がついています。
オと同じように根や葉、くきの区別がついているけど、なんかよわよわしいくきですね。
まったくへんかがありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
たねは、大きくふくらみましたが、変化はありませんでした。