ホーム » トピックス » 2年生

2年生」カテゴリーアーカイブ

お問い合わせ

兵庫県
たつの市立揖西東小学校

(いっさいひがししょうがっこう)

〒679-4004
兵庫県
たつの市揖西町清水新9

TEL:0791-66-0020

【2年生からチューリップのプレゼント】

【新1年生へ 2年生よりチューリップのおくりもの】
まだ寒い冬、新しく入ってくる1年生を迎えるために、今の2年生の子供たちがチューリップの球根を植えていました。入学式の時に咲いててねと願いながら…。赤や黄色、白やピンクのチューリップとともに2年生の心が伝わる風景です。写真は新1年生の教室の前です。そして、校庭の桜も満開です。

【2年生:リコーダー講習会】

【2年生:リコーダー講習会】…2月27日(木)
初めてのリコーダー。どんな音がなるのかな。どうすれば思い通りの音がふけるのかな。そんな2年生たちの声に応えるべく名人がやってきてくれました。名人の袋の中からは、いろんな大きさのリコーダーが登場してきます。自分の持っているソプラノリコーダーと比べて驚いたのなんのって…。笛の歴史も教えてもらいながら、3年生から始まるリコーダー奏の基本を教わりました。

【2年生:東小まちたんけん】

【2年生:東小まちたんけん】12月6日(金)
自分たちでコースを決めて、訪ねたいところへ出かけて、自分の疑問などを確かめる計画です。でも車が多い道もあり、今回はお母さん方の学習ボランティアさんが付き添ってくださいました。
「お願いします」との挨拶から始まったまちたんけん。さあどんなたんけんになったでしょうか。
子供たちをあたたかくお迎えくださった皆様、そして、安全に子供たちをリードしてくださった皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございます。

【1・2.3年生:クリスマスアクティビティ】

【1・2.3年生:クリスマスアクティビティ】・・・12月4日(水)
英語をもっと身近に感じてもらいたい。英語にもっと親しんでもらおうという目的で、クリスマスアクティビティに挑戦しました。妖精エルフのお話を聞いて、エルフグッズを作り上げていきます。歌やダンスで盛り上がった後は、ツリーのてっぺんに星をつけました。楽しく英語に親しむことができたのも、このアクティビティを企画から進行までしてくださったボランティアの方々のおかげであると感謝しています。

【2年生 収穫祭だぁ】

【2年生 収穫祭だぁ】

1ヶ月ほど前に清水新の畑で、JAの野菜作りのプロの方々とともに収穫したさつまいもを今日は調理して味わおうというのです。収穫してしばらくおいておくと、とってもあまくなるときいた子供たちにとって、それを確かめる絶好の機会です。さあどんな声がもれてくるやら…。
メニューはさつまいもご飯とやきいも!
あまくておいしいさつまいも料理をおなか一杯食べた2年生でした。
子供たちのためにお料理をはじめ楽しい時間を過ごさせていただきましたこと、深く感謝しています。
JAの料理のプロの皆さんありがとうございました。

【2年生:お芋ほり体験】

【2年生:お芋ほりだあ」・・・10月16日(水)
5月に植えた芋の苗。さあどうなったでしょうか。今日もまた、JA兵庫西の野菜作りのプロの方々や清水新の自治会長さんにお世話になりながらの芋ほりの体験をしました。
「愛情たっぷりに育てたか?」の問いに、元気よく「はあ~い」と答える2年生でしたが、芋のほり方を聞いて早速にほっていきますが、なかなか芋が出てきません。出てきてもうまくほり起こすことができずに悪戦苦闘の連続でした。でも、プロの方にコツを聞きながら大きな芋の束をほり上げると、どや顔に変身!見事だろうって感じに…。立派な芋をほった2年生に、プロからの一言!「すぐに食べたらあかんで!1週間から10日ほど芋をねかしておくともっともっと甘くなるんやで」と教えてもらっていました。楽しい体験。でも帰り道には重くて運ぶことができませんでした。真っ黒な手袋は一生懸命芋をほった証です。また、芋の茎が食べられると聞いた子供たちは、佃煮にしてもらおうと、しっかりとした茎を集めていました。

お世話になった方々へ、ありがとうの感謝を伝えて帰路につきました。

 

【2年生:桑の実園訪問】

【2年生:桑の実園訪問】
毎年、偶数学年が桑の実園を訪問し、短い時間ですが交流をさせていただいています。
今年のトップバッターは2年生!初めての訪問でドキドキしながらも、大きな声で挨拶をし、うたや鍵盤ハーモニカ演奏を披露することができました。そして、福祉参観日のときに作った絵手紙をお渡しすることができました。

 

【2年生:まちたんけん②】

【2年生:まちたんけん】6月10日・14日
わたしたちの町”揖西”ふるさとを歩いてみようと、2年生がたんけんに出発しました。
陽射しがきつい日でしたが、帽子をかぶり、水筒を持って、タオルも持って出かけていきます。
さてどんな出会いがあることでしょう。1回目のまちたんけんの風景とはずいぶん違っていることに気づいたようです。この白い壁は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2年生:野菜作りのプロに学ぶ体験事業】

【2年生:野菜作りのプロに学ぶ体験事業】・・・5月15日(水)
先日、ミニトマトの苗を植えたばかりの2年生ですが、今日は野菜作りのプロに学ぼうと出かけていきました。
清水新の自治会長さんのお力添えもあり、学校近くの畑にでかけると、たくさんのプロが待っておられました。
JA兵庫西の支店長さんをはじめ、野菜作りのプロであるJA女性部の皆様にも参加していただき、さつま芋の植え付け体験が始まりました。
しっかりと説明を聞いて、穴を掘り、芋の下の方の葉を少しとってからしっかりと植えていったつもりですが・・・。少しひっぱるとぬけてしまうものもあり、みんなでもう一度しっかりと穴を掘って植えていきました。
最初の説明には「おいしい芋づくりには愛情が必要です!」というお話がありました。そのとおりに植えながら「おいしいさつま芋ができるように・・・。」とお祈りしたり、話しかけたりしている児童がいます。
そんな子供たちの最後の感想には「まっすぐに植えたら大きな芋ができることがわかりました。」という答が返ってきます。
また、質問タイムでは、たくさんの実ができるようにするためにはどうしたらよいかなどの、野菜作りの知恵や工夫にかかわる質問もたくさんしていました。また、トマトやスイカ、網干メロンなどについても質問が出ていました。
愛情たっぷりがおいしいものを作る秘訣だと知った子供たち、芋にも心があるんだなあと感心していました。プロの方々との交流は、子供たちにとってプロの方々の愛情にもふれさせていただいた時間となりました。
お世話になりました、自治会長さんをはじめ畑をお貸しいただいた方、そして、JA兵庫西の方々に感謝いたします。ありがとうございました。

【2年生:ミニトマトを植えたよ】

【2年生:ミニトマトを植えたよ】5月13日(月)
生活科で、ミニトマトの苗を植えました。植えたあと、じっと葉をや茎を見つめ、気が付いたことを絵や言葉にしていました。「先生、ぼくのミニトマト、花が咲いとる!」という声も聞こえてきました。世話を続け育てる活動を通して,生長の様子に関心をもち,収穫を楽しむことでしょう。