【美化委員会:ひまわりでみんなを笑顔に】

【美化委員会:ひまわりでみんなを笑顔に】…9月3日(木)
毎日毎日「新型コロナウイルス感染症の影響」でという言葉を聞かない日はありません。いろんな行事や集会も中止や延期になり、心は…。そんな心を元気にしたいとひまわりを育てた子供たちがいます。その種は、あの阪神淡路大震災で犠牲になった加藤はるかさん(当時11歳)の自宅跡地に咲いた「はるかのひまわり」です。東日本大震災や熊本地震、中国・四川などの国内外の被災地でも花を咲かせていった復興のシンボルです。その種を日本赤十字社兵庫県支部からいただいて育て、中庭や動場の花壇に、また、東通用門付近にたくさんのひまわりを咲かすことができました。笑顔で子供たちを迎え、そして、みんなを元気にしたいと願う美化委員会です。多くの人々に勇気と希望を!