【あれから一年 あのつばめの巣は】

【あれから一年 あのつばめの巣は】5月29日(金)
一年前、子供たちが登下校の際に見守っていたつばめの巣。ひなが飛び立っていくのを毎日応援していたのを思い出します。景雲寺信号付近の民家の軒先にある、手を伸ばせば届きそうなところに巣がありました。久しぶりに登校してくる子供たちが何気なく見上げるといるではありませんか。もう大きく育ち、巣立ちをするくらいに育ったつばめが。昨年は「そっと静かに行こな。」と声をかけながら通り過ぎる子供たちの姿がありました。あれから一年、いきなり大きなつばめの子を見る子供たちは何を思うのでしょうか。